ごあいさつ


「頭脳スポーツ(Brain-Sports & Mind-Sports)」という言葉は、耳慣れないかもしれませんが、日本古典文化を代表する百人一首などのかるた競技から始まり、世界の人たちが年令、男女区別のない競技である、「頭でするスポーツ」の総称です。

日本頭脳スポーツ協会では、頭脳スポーツを通じ広く文化の振興、発展に寄与することを目的に活動しており、主に教育の一貫として文化的教育活動、生涯学習、障害福祉活動などをはじめとする、ティーチングを含めた頭脳スポーツ体験スクールの開催、学校・福祉団体への体験学習・講習会・クラブサークル活動の開催、学校総合学習(頭脳スポーツ)の講師、教職者などの講習会および指導育成活動などおこなっています。

その活動には、日本の文化・異国の文化を伝承してきた、頭脳スポーツ([Brain-Sports & Mind-Sports]ブレインスポーツ 又はマインドスポーツ) において、より多くの青少年に奮闘の場を与え、文化とスポーツを楽しみ、競い合えるものである、と確信しております。

その趣旨は「人生路に感動・感激・感謝の三感を持って求道すること」により、「頭脳スポーツ振興の理想・理念を正に拡大し、多くの人々に平和と希望を与える事」を確信し、「社会に於ける貢献及び未来永劫に渡る平和と文化の養育」を願うものであります。

国内の活動では、頭脳スポーツを通じて、武道の精神を養い、文化的教育を推進する事を目指し、また体に障害をもつ子供達に、未来に希望と夢を与える活動をするもので、各教育団体、各地域活動団体、及び頭脳スポーツ競技団体と連携をとり、日本各地の頭脳スポーツの交流活動をしていくものであります。

このような日本頭脳スポーツ協会の活動に、多くの方々のご理解、ご賛同を賜りますよう、お願いを申しあげます。

日本頭脳スポーツ協会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする